ペレットストーブ、販売、太陽光発電、群馬で注文住宅ならM Base

お住まいのこと何でもご相談ください。インターネットから相談する
HOME > ペレットストーブ

太陽光発電

M Base Stove - ペレットストーブ専門店

ペレットストーブとは?

ペレットストーブ、その暖かさは太陽と大地からの贈りもの。

木質ペレット暖房機は、温室効果ガス(CO2)の排出を抑制し、地球温暖化防止に貢献します。
いまや私たちの住まいに欠かせない暖房器具。技術の進歩でとても機能性の高い電化製品が沢山あふれています。
しかし、環境のことを考えるとどうでしょう?灯油はもちろん、電気をつくる際にも膨大な化石燃料を使用してエネルギーをつくっています。
そして知らない間に大量のCO2を発生させてしまっているのです。そこで、このエネルギーを「森をきれいにしよう」という想いから、自然木を再利用した燃料をエネルギーとした「ペレットストーブ」をみなさんに使用していただくことを勧めていきたいと考えました。
ペレットストーブは木質ペレット燃料を使用します。ペレットは大変扱いやすく使用後の灰は、肥料としてお使いいただくことが出来ます。
さらに燃焼時に発生する二酸化炭素は、樹木が成長する時に吸収する二酸化炭素の量と同じなので、大気中の二酸化炭素を増加させることはありません。

木質ペレット

木質ペレットは間伐材や製材端材といった木質原料を、粉砕・圧縮・成形した固形燃料です。
主にストーブの燃料として利用されています。水分を飛ばして固めてあるので、燃焼温度も高く、二酸化炭素やダイオキシンを大幅にカットすることが出来ます。近年、岡山県真庭市でペレットボイラーを活用した市民プールができ、話題となりました。
群馬県内でも地元産の間伐材を有効利用した木質ペレットを生産している企業があり、その他にも新設の計画案は着々と広まりつつあります。ペレットの生産は、私たち群馬の豊かな里山を持続可能な形で再生すると共に、バイオマス(生物体)エネルギー資源となって、私たちの生活の一端を担っているのです。
それはまさにこれからの理想であり、森との共存の姿だと思います。そしてやがては地産地消の枠を越え、世界のモデル事業となる事を夢見ています。製材廃材や林地残材の利用は地球環境への貢献だけでなく、林業の再生・新たな雇用機会など、可能性にも多くの期待が高まっております。

ペレットストーブのメリット

地球にやさしい、身体にも嬉しい「効果」と「癒し」

ペレットストーブからの輻射熱による身体への影響は、科学的にも「体によい」と実証されています。
ペレットが燃焼する際に出る遠赤外線効果で、身体の芯まで暖め、血行を良くする効果があります。その上、ゆらゆらと燃えてる炎は、心のやすらぎも与えてくれます。心地よい暖かさと炎を見ているだけで癒され、ペレットストーブの周りにはいつのまにか家族が集い 楽しい会話が広がるでしょう。

製品紹介

地球にやさしい、身体にも嬉しい「効果」と「癒し」

お客様のニーズに合わせてお選び下さい。当社が責任を持ちまして、施工にお伺いいたします。(工事費別途)
もちろんアフターフォローもご安心下さい。定期的に点検・お手入れする事で、より長く安全にご使用していただくことが出来ます。
尚、当社ショールームにも多種メーカーから取り寄せた商品が一同に展示してあります。
是非、比較ご検討の対象として 足を運んでみてください。
ご希望の方には無料でお見積りをさせていただきます。
製品について詳しくはこちら

工事の流れ

ペレットストーブをかわいがっていただく為に QA

ご使用には 慣れていただくことが大切です。火の調整や毎日のちょっとしたお掃除。
少し手間のかかるストーブですが、そこがこのストーブの良さでもあるのです。

ペレットストーブの疑問にお答えします

Q.ペレット燃料の使用量はどのくらい?

お客様のライフスタイルと、お住まいの住宅の断熱性能によって異なりますが、普通燃焼で1時間に1kg~1.5kgのペレットを消費します。1日8時間燃焼したと想定して1ヶ月で240kg~360kg位のペレットを消費すると試算できます。
お金に換算して14,400円~21,600円となります。
11月からペレットストーブを使い始め 3月末まで使ったとすると 5ヶ月間で1,200kg~1,800kgのペレットを消費することになります。
しかし実際には不在の日があったりしますので、800kg位の消費量の方が多いようです。

Q.ペレットストーブの煙突は?

設置条件により排気筒も変わりますが、基本的には薪ストーブのような大掛かりな排気筒は必要有りません。
FF式のペレットストーブでしたら壁に 150~160の穴を一箇所開けて、給排気筒を設置するだけの簡単施工となります。

Q.ペレットストーブの灰の処分は?

ご使用いただくストーブの種類や燃焼方法、燃料のペレットによっても異なりますが、全木ペレットで10kgのペレットを燃焼させて100g、ホワイトペレットで50gの灰が出ます。
出ました灰は、肥料としてお使い頂くことが出来ますので、お庭の樹木にご利用下さい。